【事例9 自社従業員の不正行為が報道された場合の初期対応】

企業取引にまつわる法律問題に関する解決事例・実績

【事例9 自社従業員の不正行為が報道された場合の初期対応】

【お悩み事項】
当社の従業員が死亡交通事故を発生させ、警察に逮捕された。従業員の実名報道はもちろん当社の名称まで公になっており、対外的な問い合わせ等もあることから、何らかの対策を講じたいが、どのようにすればよいか分からず頭を抱えている。
 
【こうやって解決しました!】
初期対応として、
交通事故の直接の被害者に対する対応窓口の一本化を図ること、
他の従業員に対する説明と社内の情報管理を図ること、
対外的な広報活動を誰が行うのか明確にし、全て当該担当者を通じて情報発信すること、
これらを同時並行で進めるようアドバイスしました。

具体的には、①については、法的責任については損害賠償保険での対応を図るものの、道義的な謝罪は先行させるべきであることを説明しました。

②については、現在の状況と今後の対応として広報責任者を置くことを社内周知し、情報の錯綜と混乱防止のため従業員が個別の取材等に応じないことを徹底するようアドバイスしました。

③については、社内の広報責任者を選任し、当該責任者に情報が集約される体制を取ったうえで、報道機関等への必要な情報発信を行なうことをアドバイスしました。

初期対応を間違ってしまうと、思わぬ形で批判を浴びたり、風評被害をもたらすリスクがありますが、何とか切り抜けることができました。

 

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造