顧問弁護士をお探しの方へ

企業法務を取り扱う法律事務所、弁護士は数多くおりますが、本当にビジネスについて理解している弁護士はそこまで多くないと思います。
私自身も経営者として長年経営を経験しており、経営者としての苦労は知っているつもりです。ビジネスをしていると、法的な問題でビジネスが停滞してしまうことはよくあることですが、多くの方はそれを”法的な”問題として捉えてしまっています。
ただ、本質的にはビジネスモデル自体を見直す必要があることも多く、法的な側面だけのアドバイスでは真の解決に至っていないケースが非常に多いのです。
私は、自身の経営者としての経験や、数多くの顧問先様からの相談で得たノウハウを基に、ビジネスモデルが正しいか、法的な問題以外の問題がないのか、という多角的な視点でのアドバイスを心がけています。
様々な弁護士の相談を聞く中で、なかなかしっくりこないと思われている方は、一度当事務所の法律相談をお勧めいたします。

当事務所が選ばれる理由

  1. 中小企業・経営者向けの企業法務に特化
    中小企業を支援する弁護士が少ないという問題意識に基づき、当事務所では、中小企業の皆様を対象とした企業法務サービスに特化した活動を行っています。
  2. 150社を超える顧問弁護士としての活動実績
    TPOに応じた法務支援をご希望される中小企業の皆様より選んでいただき、当事務所での顧問契約実績は150社を超えています。
  3. 各社の実情に応じた法務コンサルティングの提供
    抽象的な法律知識の提供ではなく、その法律知識をどのように活用すればよいのか、各中小企業の皆様の実情に応じた個別提案とコンサルティングの実施に力を入れています。
  4. 全国対応可、24時間以内の回答
    法務に起因する事業活動の停滞を回避するべく、顧問契約を締結して頂いた支援先様に対しては、優先的かつ迅速対応を心がけています。
  5. 見積書作成による費用の見える化
    弁護士費用に対する不安を解消していただくために、具体的な弁護士費用の金額、その金額に含まれる業務内容、別途発生する費用の有無・内容等を明示したお見積書を事前に発行しています。
顧問先の声
 牧野克彦(㈱フォーユー 取締役)「電話やメールでの問い合わせに対して

ほぼ当日中に何らかの返答をしてくれる」

株式会社フォーユー
取締役
牧野克彦様 >

「IT独特の問題についても素早く問題点を指摘してくれる」

株式会社aradas
代表取締役
荒川めぐみ様 >

顧問先業種一覧
当事務所が顧問契約を締結させていただいている業種一覧は、以下のとおりです。顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
WEB制作・保守 システム開発・保守 インターネット通販
映像制作 WEB広告配信・管理 その他IT関連事業
製造・加工 建築・建設 廃棄物処理
不動産(宅建) 不動産賃貸(資産管理) リフォーム
放送局 広告代理店 出版印刷
医療・介護 人材紹介・派遣 保険代理店
フランチャイズ 飲食(外食・中食含む) 物販小売・古物商
自動車修理 服飾デザイン 運送・運輸
税理士 社会保険労務士 経営コンサルタント

サポート内容&活用事例

社内ルールとして、契約書のチェックは全て弁護士に依頼する!
気づいたときには既に手遅れ…、不利な契約書で困ったことはありませんか?専門用語の羅列、堅苦しい言い回し等で、契約書のチェック作業に苦手意識を持つ経営者も多いかと思います。
そういった場合、顧問弁護士に対して、まずは注意が必要な事項の抽出作業のみを依頼することで、契約書のチェック作業の負担を大幅に減らすことができます。
上記以外にも、条項修正案の作成、契約修正の提案の仕方、不利な契約内容を受け入れた場合のリスク転嫁の方法など、当事務所では20年超の弁護士活動で培った経験とノウハウを活かした法務サービスをご提供することが可能です。
トラブル発生時は、弁護士に方針・戦略・対処法を練ってもらう!
自己流で示談交渉し事態が悪化…収拾がつかず困ったことはありませんか?債権回収トラブル、労務トラブル、顧客トラブルなど様々なものがありますが、弁護士を直接の交渉窓口にできない事例の場合、顧問弁護士に相談することで、示談交渉におけるゴールの設定、想定問答の作成、交渉戦術の策定など、トラブル解決に必要な裏方支援を得ることができます。

もちろん、顧問弁護士に対し、経営者に代わって直接交渉するよう依頼することもできます。
当事務所の代表弁護士は、損害保険会社からの依頼に基づく多数の示談交渉案件を取扱ったこともありますので、現場に即したトラブル解決法をご提案することが可能です。

新規ビジネス展開・スタートアップに際しての問題点の洗い出しに!
事業開始後に法律違反発覚…計画の大幅見直しを強いられたことはありませんか?事業が順調に進みだしたところ、実は法律上禁止されている事業形態であった、あるいは許認可・届出が必要だった、ということは少なからず発生しています。
こういった事態が生じた場合の回避策の提案・実施といった事後対応はもちろん行っていますが、やはりこういった事態は事前に防止したいところです。当事務所では、20年超の弁護士活動により得られた知見は駆使しつつ、業界動向や行政の動きなど様々な情報を入手し、それらを組み合わせることで、適法かつ妥当なビジネスモデルの構築支援を行うことが可能です。

>>より詳しくはコチラ<<

料金表
当事務所の顧問契約は、下記に示した4コースを原則としつつ、ご要望に応じてカスタマイズすることが可能です。まずは、顧問弁護士として「何を期待するのか」、「何をやって欲しいのか」等について、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

なお、当事務所の顧問契約の特徴としましては、どのコースを採用していただいても、一部プランを除き、法律相談の回数・時間については制限がありません。

これは何か気になったことがあれば、気軽にお声掛けしてほしいと考えているからです。

また、当事務所では、これまでの対応・経験に基づく法務知識や他社での実践例などを用いた経営コンサルティングを重視し、会社のますますの発展に少しでも寄与したいと考えているからです。

 

どのコースをとるかによって差異が生じるのは、法律相談以外の業務、たとえば書類作成や契約書等のチェックが顧問料の範囲内にどこまで含まれているかとなります。

リーガルブレスD法律事務所について
当事務所は大阪市中央区に事務所を構え、中小企業法務に特化し、活動をしております。

>>事務所概要

 

弁護士の湯原は、IT法務、フランチャイズ法務、労働法務、広告など販促法務、債権回収などの企業法務と、企業の法律問題に関するあらゆるご相談を幅広くお受けしております。また、ITに詳しい弁護士として、IT社会における情報の取得・保有・発信について解説を行った書籍の出版も行っています。

>>書籍「情報管理に強くなる法務戦略

 

弁護士が提供するサービスは目に見えづらいものであるところ、顧問弁護士サービスに至っては、「結局、何をしてくれるの?」というご意見を頂戴することが多くあります。不明点等がございましたら、一度お問い合わせください

>>メールでのお問い合わせ

お問い合わせはコチラ