【事例8 取引関係を否定した相手方からの回収業務】

売掛金など債権管理・債権回収に関する解決事例・実績

【事例8 取引関係を否定した相手方からの回収業務】

【お悩み事項】
当社は無形サービスの提供を行っている。相手方と契約書を締結しないまま、一部サービスの提供を行っていたため、対価の請求を行ったところ、相手方は有償(対価あり)の契約は成立していないとして支払いを拒絶してきた。
どのように対応すればよいか、非常に悩んでいる。
 
【こうやって解決しました!】
まず、現在提供しているサービスについて、どのタイミングで打ち切りを行うのか検討を行いました。なぜならば、相手方が、依頼者提供のサービスをベースとして何らかの業務を行っている場合、一方的なサービス打ち切りによって別途損害が発生したとしてクレームをつけてくる可能性があるからです。

この点については、支払いがなければサービスを打ち切る旨の事前予告の通知書を送付することで対処しました。

一方、同時並行の作業として、取引契約が法的な意味で成立しているのと言えるのか、これまでのやり取り(書面、電子メール、口頭など)をヒアリングし検証を行いました。

非常に微妙な問題と判断されることから、原則的には契約が成立したことを前提にしつつ、契約が成立していないという評価もありうることを念頭に、予備的に損害賠償請求を行うという二段構えの法的構成を考え、準備を進めました

案の定、相手方は支払いを拒絶したことから、サービスを打ち切ると共に交渉による解決を諦め、すぐさま訴訟提起を行いました。

訴訟手続きのため時間はかかりましたが、相手方からのクレーム内容に依頼者が責任を負うことはないこと、一方で、相手方が依頼者に対し一部支払うこと、を内容とした和解が成立し、無事回収を図ることができました。