【事例7 長期分割支払いの管理を弁護士が行うことで、回収に成功した事例】

売掛金など債権管理・債権回収に関する解決事例・実績

【事例7 長期分割支払いの管理を弁護士が行うことで、回収に成功した事例】

【お悩み事項】
支払い義務があること自体は認めている取引先が、一括で支払うことが難しいこと、3年以上の長期分割弁済の要請を行ってきた。確実に分割弁済してもらうように対策を練りたいが、どういった手続きを踏めばよいか悩んでいる。

【こうやって解決しました!】

支払い義務があることを認めているとのことでしたが、口頭レベルの約束事にすぎず、確実な証拠がない状態でした。そこで、まずは分割支払いの合意書を作成し、署名押印してもらうことからスタートさせました。

また、相手方とは連絡も取りあることができ、面談協議することも可能とのことでしたので、相手方の状況確認と相手方への心理的プレッシャー(支払わなければならないという動議づけ)をかける意味も込めて、クライアントと共に弁護士も一緒に、相手方を訪問することにしました。

面談協議の場で、分割支払いの合意書に署名押印してもらいと共に、今後の窓口は弁護士になること、支払いが遅れた場合は弁護士より連絡があること等を説明しました。

以後、1週間前に弁護士が相手方に対して、今月の支払いに確認する連絡を行うなど、弁護士による管理が継続していることを示すことで、長期分割弁済となった債権額全額の回収に成功しました。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造