【事例6 不正行為を行った従業員に対する損害賠償請求】

労働問題の解決事例・実績

【事例6 不正行為を行った従業員に対する損害賠償請求】

【お悩み事項】
 当社従業員が、当社の業務指示を無視して営業活動を行ったため、後日、顧客よりクレームが入り、多大な損失が発生した。その従業員に対して責任追及をしたいが、どうすればよいか悩んでいる。
 
【こうやって解決しました!】
 まず、理論上の問題として、会社が会社従業員に対して損害賠償(求償)請求場合、会社従業員の責任の度合いによって一定の制限があること(=満額の請求が法的に困難であること)を説明し、理解して頂くことからスタートしました。

その上で、業務指示の内容と周知度、その従業員のこれまでの業務指示内容の遵守度、他の従業員の業務指示内容の遵守度、過去の業務指示違反の事例とその時の対応などといった、従業員の責任の度合いを検討するために必要となる事実をお伺いしました。
また、会社が被った損失が法律上の損害を言えるのかについても検討を行いました。

上記のようなことを踏まえ、会社として請求しても問題がなさそうな合理的範囲を決め、従業員に対して面談協議を行ったところ、責任があることを認めましたので、無理のない支払方法を検討し、合意書の締結を取り交わしました。
 

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造