【事例12 WEB制作の納期遅延と報酬請求(ユーザー側)】

IT企業・ネット通販などのインターネットに関する解決事例・実績

【事例12 WEB制作の納期遅延と報酬請求(ユーザー側)】

【お悩み事項】
 リリースの関係上、契約においてWEBの納品(完成)日を明確にしていたにもかかわらず、納品が大幅に遅延したため、商機を逸してしまった。
 そうであるにもかかわらず、ベンダー側からは報酬満額の請求書が届いたが、納得がいかない。どうすればよいか。
 
【こうやって解決しました!】
 まず、納期遅延により商取引上どの程度の悪影響が出るのか、この点を裏付けることができない限り、なかなか話を進めることができないことを説明した上で、必要な資料等を準備してもらいました。

その上で、商機を逸したことによる損害を法律上算定することは困難なところがあることを念頭に置きつつ、話し合い解決に持っていく方針で進めることを確認し、弁護士名義で通知書を送付し、交渉を開始しました

ベンダー側も納期遅延を行った責任は感じていたようだったので、協議の結果、報酬額より一部減額してもらうことで、話し合い解決することができました

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造