【事例1】労働問題(残業代、不当解雇、団体交渉など)の解決事例・実績

【事例1】労働問題(残業代、不当解雇、団体交渉など)の解決事例・実績

【事例1  残業代】

【お悩み事項】
 採用面接時に残業代込みという説明を行い了解したので従業員を採用したが、退職後、未払い賃金(残業代)があるとして、600万円超を支払うよう弁護士を通じて要求してきた。

 

【こうやって解決しました!】

いわゆる固定(定額)残業代制度を採用している会社でしたので、相手方の要求額は理論的に成り立ち得ない旨の回答をしましたが、相手方は納得せず、労働審判手続きとなりました。

 ご依頼者様の社内規程の内容、業務内容から導かれる就業形態と固定(定額)残業代制度の導入経緯等を丁寧に主張立証したところ、裁判所も納得し、固定(定額)残業代制度が有効であることを前提にした和解案を提示してくれました。

この結果、労働審判手続内の調停が成立し、5分の1位程度の金額で解決をしました。
 

 


※上記はあくまでも一例です。案件ごとにより手順や結果が変わることもありますので、この点はご容赦願います。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造