インターネット取引

ITTOP0001.png

 

私は、企業法務、特にインターネット等の通信媒体を利用した事業サービスを展開する、「IT企業」を中心に、法務サービスの展開を目指しています。

この様に考えたのは、次のような問題意識を持っているためです。

 

・「IT」「インターネット」というだけで拒絶反応を起こす弁護士が少なからず存在すること

・IT企業独特のスピード感について行けない弁護士が存在すること

・この結果、IT企業に対して法務サービスが行き渡っていないこと

つまり、法の保護を十分に受けられない「間隙」になっていると感じています。

例えば、弁護士の誤ったIT知識や無理解ゆえに、不利益な解決を強いられているIT企業、既存の契約書のひな形をそのまま用いたがために、いざというときに役立たない契約書で四苦八苦しているIT企業、正確な法知識を持ち合わせていないがために、ユーザーからのクレームや労働者からの要求に四苦八苦しているIT企業…等々を目の当たりにしてきました。

この様なIT企業の現状に対し、

「法の恩恵(=Legal Bless)を直接届けたい(=Direct delivery)」

この想いを実現するべく、「リーガルブレスD」と名付けました。

 

「インターネット・IT(電子)商取引に関する法律知識」で取り上げた相談内容の目次です。

 

インターネット取引において契約が成立するのはいつの時点か?

 

■利用規約・約款作成における注意事項

 

Webサイト上の利用規約・約款等は常に有効か?

 

ネット通販において価格の誤表示があった場合はどうなるのか?

 

「なりすまし」の被害にあった場合、被害者である本人は代金支払い義務を負うのか?

 

サイバーモール(電子商店街)運営者が、顧客に責任を負う場合とは?

 

ネットビジネスと業法(許認可)について

 

クローズド(会員制)SNSにおいて、著作権侵害・肖像権侵害の問題は生じるのか?

 

アフィリエイト広告、ドロップシッピングについて、どの様な法律問題に留意すべきか?

 

クリックを原因として、突然請求書がメール送信されてきた場合の対処法

 

ASP・SaaSの導入とSLAについて

 

Web掲載のために提供を受けた著作物を、書籍出版等の別目的で利用することの可否

 

サーバーを設置しただけで犯罪となるのか?(電気通信事業法との関係)


itsurvice0001.png it0005.png