メールのモニタリング調査は可能か?

メールのモニタリング調査は可能か?

質問

 当社は従業員1人に対し1台のパソコンを貸与し、業務遂行のために利用させていますが、どうやら私用メール等にも利用されているようです。
 そこで、抜き打ちでメールのモニタリング調査を行おうと思うのですが、問題ないでしょうか。

 

回答

 就業規則などで私的利用を制限しているのであれば、基本的に可能と考えて良いでしょう。
 ただ、プライバシーとの関係もありますので、事前に、例えば「1ヶ月に1回チェックする場合がある」等のモニタリング方法に関する告知(社内規程の整備)を行った方が無難でしょう


【ポイント】
 プライバシーが尊重されるのは当然です。
 ただ、勤務時間中は仕事をしなければならないという労働契約上の義務がある以上、従業員の勤務状況などを調査する目的でのモニタリングはやむを得ないものと考えられます。
 
 また、個人情報保護法が制定された際に経済産業省が公表した、「個人データの取扱いに関する従業者及び委託先の監督、その他安全管理措置の一環として従業者を対象とするビデオ及びオンラインによるモニタリング」でも、労働組合等との協議の上での周知を行うこと、モニタリングの目的を開示すること、実施責任者と権限を定めること、実施状況に関する監査等を行うことが望ましいとしていますが、モニタリングを行うことを否定していません。

 ところで、実際の運用方法ですが、いきなりメールの内容を確認するのではなく、


 

① まずは、メールの送信者・受信者、送受信日時、件名、添付ファイルの有無等の外形的事実から確認する

② モニタリング実施過程において業務と無関係の私用メールが多数発見された、あるいは企業秘密の漏洩のおそれが生じた等の事由が確認された場合に、メールの内容を確認する

とした方が適当と考えます。

 
 なお、私用メールの発見により業務に支障が出ている場合には、懲戒処分の対象となります。

 

 

※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造