【事例4】労働問題(残業代、不当解雇、団体交渉など)の解決事例・実績【事例4  うつ病と休職】

【事例4】労働問題(残業代、不当解雇、団体交渉など)の解決事例・実績

【事例4  うつ病と休職】

【お悩み事項】

 突然、心療内科の診断書(うつ病)を提出し、休職を開始した従業員が発生した。

 

【こうやって解決しました!】

 まずは就業規則上の休職制度の適用を認めるかの検討を行い、とりあえず休職制度の適用を行うことにしました。


 そこで、休職している従業員に対しては、一定期間ごとの療養状況の報告を求めると共に、念のため会社に対しては、過重労働やパワハラ、いじめなど業務遂行中において、当該従業員に心理負荷がかかっていなかったかの調査を行ってもらいました。

 

 休職期間満了の1ヵ月前に復職の意思を尋ねたところ、復職するつもりはないとのことでしたので、結果的には休職期間満了に伴う退職扱いとなりましたが、いわゆるメンタルヘルスの問題に現行の就業規則及び社内規程が対応し切れていないと思われることから、就業規則の改定手続きをとってもらいました。

 

 

 

 

※上記はあくまでも一例です。案件ごとにより手順や結果が変わることもありますので、この点はご容赦願います。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造