顧問弁護士費用の相場について

顧問弁護士費用の相場について

弁護士報酬が日本弁護士連合会により定められていた平成16年3月までは、事業者に対する月額顧問料は5万円以上、非事業者に対する月額顧問料は5000円以上とされていました。

 

このため、弁護士報酬が自由化された平成16年4月以降も、上記基準(いわゆる旧日弁連基準)に従って、
・法人・個人事業主に対する月額顧問料5万円、非事業主に対する月額顧問料5000円
と設定しているところが多いと思われますので、これが原則的な「顧問弁護士料の相場」になると考えて良いかと思います。
ただ、最近では一部法律事務所において、多用な顧問料体系が構築されつつあります。 例えば、
・月額顧問料を3980円と設定している法律事務所
(ただ、別途法律相談料などが発生しますので、弁護士を利用した場合には3980円では済まないようです。この3980円という費用は、依頼を行った場合に後回しにされないようにするための「優先枠」とでも言うべきものと思われます)

 

・月額顧問料を事業規模(従業員数や年商など)や想定される相談時間により3万円から10万円の範囲内で分類する法律事務所
などです。
当事務所でも、顧問弁護士の採用をご希望されるクライアントのニーズにお応えできるよう、予想される弁護士利用時間数を予め検討した上で、3万円から10万円の範囲で月額顧問弁護士費用を設定するようにしています。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造