顧問 弁護士 大阪|中小企業に法の恩恵を大阪の弁護士による企業のための法律相談

法律相談の予約(夜間土日祝日対応)06-4708-7988
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 解決事例・実績
  • 顧問弁護士のメリット
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • アクセス

無料相談はこちら

公益通報を行った者は一切責任を問われないのか?

【質問】

 公益通報を行った通報者は、一切の民事・刑事責任を負わないのでしょうか。

 

【回答】

 必ずしも民事・刑事の責任一切を負担しないというわけではありません。
 
 例えば、行政機関、事業者外部への通報を行うためには「信ずるに足りる相当の理由」が必要となるところ、当該理由を裏付けるべく、裏付け資料等を会社から盗んだ場合は、やはり窃盗罪で処罰されることになります。
 また、公益通報者保護法第8条では、「他人の正当な利益又は公共の利益を害することのないよう努めなければならない」と規定されています。

 

 したがって、例えば事業者の営業秘密を漏洩した場合、第三者の個人情報を漏洩した場合であれば、不正競争防止法、プライバシー侵害等の責任追及がなされる可能性があります

 



 

※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

 

法律相談のご予約はこちら まずはお気軽にご相談ください 06-4708-7988

メルマガ登録

当事務所では、中小企業経営者向けのお役立ち情報を、無料メルマガとして配信しております。

下記よりご登録をお願い致します。

お気に入りに追加する
弁護士紹介
弁護士費用
セミナー・講演実績

Contentsmenu

リーガルブレスD法律事務所
メールでのお問合せ
Access map

0_banar.jpg

IT法務
労務問題
フランチャイズの法律トラブル
債権回収