中小企業に法の恩恵をIT企業・インターネットビジスネスの法律相談

06-4708-7988 メールでのお問い合わせ
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 解決事例・実績
  • 顧問弁護士のメリット
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • アクセス
  • HOME
  • 情報管理に強くなる法務戦略

書籍『「情報管理」に強くなる法務戦略』出版のご案内

book0001.jpg

IT社会における営業秘密、個人情報等の利用・漏洩防止と企業法務

タイトル 情報管理に強くなる法務戦略

企業活動における情報の取扱いを取得・保有・発信の3つの場面に分類し、そこで生じる法律問題と対処法をIT弁護士がやさしく解説。
さらに、情報に関する57の最新トピックも収録。


著者 湯原伸一   出版社 中央経済社

                                            >>書籍のご購入はこちらから

 

目次

序章 「情報」をめぐるリスクとは

 1 情報の取扱いひとつで企業は加害者にも被害者にもなってしまうリスク
 2 IT社会の到来と安易な情報取扱いによるリスク
 3 情報をめぐる法的問題を知ることによるリスク回避

 

第1章 情報の取得(収集・創作)

 1 情報取得と刑事犯罪
  (1) 情報の持ち出しは罰せず?
  (2) 情報に対する特別なプロテクトがない限り,情報取得行為は無罪
  (3) 情報取得行為の悪質性を考慮したコンピュータ・ウイルスに関する罪
  (4) 「ちゃっかり」「うっかり」を問わないインサイダー情報の取得と金融商品取引法
 2 情報取得と民事上の問題
  (1) 情報取得は制限されるのか
  (2) 情報取得が当然に問題となる民事上の場面①―個人情報保護法
  (3) 情報取得が当然に問題となる民事上の場面②―プライバシー権
  (4) 配慮が必要となる情報の取得と民事上の問題①―不正競争防止法上の営業秘密
  (5) 配慮が必要となる情報の取得と民事上の問題②―プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求
  (6) 配慮が必要となる情報の取得と民事上の問題③―著作権法
  (7) プロテクトの回避と情報取得〜著作権法及び不正競争防止法

 

第2章 情報の保有(管理・利用)

 

1 情報保有と法律
  (1) 情報保有に対する法律の原則的立場〜法は無関心?
  (2) 法的保護を及ぼしてもらうための例外扱い対策を講じた情報
  (3) 法律上漏えいが禁止されているので必然的に対策を講じざるを得ない情報
 2 情報保有と情報漏えい対策
  (1) 情報保有と情報漏えいは表裏一体
  (2) 情報セキュリティ対策には何があるのか
  (3) 情報セキュリティ対策
  (4) 情報監視体制としてのモニタリング
 3 情報利用と法律
  (1) 情報利用と法律
  (2) 法的プロテクトがなされた情報の利用
  (3) 法的プロテクトがない情報の利用
  (4) 従業員が保有する情報の利用
 4 情報管理の不具合と責任
  (1) 情報が消失した場合
  (2) 情報が漏えいした場合
  (3) 情報漏えいと企業対応
  (4) 風評被害への対応

 

第3章 情報の発信(開示・提供)

1 情報発信と法律
  (1) 情報発信に対する法律の原則的立場〜法はやっぱり無関心?
  (2) 違法情報,有害情報
 2 情報発信による法的問題
  (1) 名誉毀損
  (2) 信用毀損
  (3) プライバシー侵害
  (4) 肖像権侵害
  (5) 著作権侵害
  (6) 不正競争防止法上の営業秘密不正開示
  (7) 発信された情報に瑕疵があった場合
  (8) 内部通報・内部告発と公益通報者保護法
 3 情報発信による共同利用
  (1) 企業活動と情報の共同利用
  (2) 秘密保持契約
  (3) 共同研究開発契約・業務提携契約
  (4) ノウハウライセンス契約
 4 情報の発信とSNS
  (1) SNSの包括的利用制限
  (2) 業務に関連する情報発信の制限
 5 商業的情報の発信(広告など)
  (1) 商業的情報の発信に対する行為規制(発信態様,告知方法)
  (2) 発信される商業的情報の内容規制
  (3) 金銭的価値が付与された情報の発信(電子マネー,ポイント)
  (4) 商品等の安全性に関わる情報発信

 

 

 

 

 

ImgTop6.jpg

 

ImgTop7.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

>>TOPへ戻る