団体交渉・労働組合対策

rousup0001.png

 

■ 突然、労働組合から団体交渉を申し込まれた。

■ 従業員が合同労組に駆け込んだ。

 

労働組合との交渉は、いくつかのポイントがあります。多くの経営者は組合と交渉した経験がありません。進め方次第で、会社にとって不利な方向に進んでしまうこともあります。

 

まずはどのように対処すればよいか、弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

労働者は、弁護士以外にも行政(労働基準監督署)や労働組合などによる解決手段が複数ある一方で、経営者はいざ相談しようにも、行政による保護もなければ、企業側で対応できる弁護士が限られており、選択肢が非常に限定されていること、つまり、中小企業経営者における労働問題は、法の保護を十分に受けられない「間隙」になっていると感じています。

 

労働組合からの団体交渉申入れに対する初期対応に問題がなければ労使関係が激化することはなかったはず…、という例を目の当たりにしてきました。

 

当事務所は、労働問題について多くの実績がございます。まずは無料相談にお申込ください。

 

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

お問い合わせ

相談の流れ

【団体交渉・労働組合対策】で取り上げた相談内容の目次です。

合同労組・ユニオンからの団体交渉申入れ対応

 

■社内労働組合・ユニオンからの要求事項への対応

 

■【講演録】合同労組・ユニオンが来たときの初動対応(事前準備編)

 

■【講演録】合同労組・ユニオンが来たときの初動対応(第1回交渉編)