「不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他不正の目的」とはどの様な意味か?

「不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他不正の目的」とはどの様な意味か?

【質問】

「不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他不正の目的」とは、どの様な意味ですか(第2条第1項)。

 

【回答】

 例えば、事業者に対して財産上の損害を加える目的、信用を失墜させる目的(他人に損害を加える目的)、あるいは通報をネタとして金品授受を得ようとする目的(不正の利益を得る目的)などが考えられます。

 要は、社会通念上違法性が高い目的(公序良俗違反、信義則違反)と言えます。

 


 

※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 契約書に関する相談メニュー
  • 債権回収に関する相談メニュー
  • フランチャイズに関する相談メニュー
  • ITに関する相談メニュー
  • 労務に関する相談メニュー
  • コンプライアンス
  • リスク管理・危機管理に関する相談メニュー
  • 事業承継・M&Aに関する相談メニュー
  • 顧問契約について

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造