「公益通報」を行いうる主体とは?

「公益通報」を行いうる主体とは?

【質問】

「公益通報」を行いうる主体は誰ですか(第2条第1項)。

 

【回答】

 労務提供先に使用され、事業に従事する「労働者」です。
 ここで言う労働者とは、労働基準法9条(=職業の種類を問わず、事業又は事業所に使用される者で、賃金を支払われる者)と同義です。
 なお、労働基準法116条2項では、「同居の親族のみを使用する事業及び家事使用人」について、労働基準法の適用はないとされていますが、公益通報者保護法における「労働者」の中に含まれますので注意が必要です。
 
 以上のことから、公益通報を行う主体からは、「取締役」「下請事業者などの取引事業者」等は対象外となります(なお、公益通報の対象事実として、取引事業者の行為が含まれるということと混同しないようにして下さい)。

 


 

※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造