使用者側の都合で、賃金を一方的に減額できるか?

使用者側の都合で、賃金を一方的に減額できるか?

質問

 ここ数年、弊社の業績は下降気味であり経費を削減する必要性に迫られています。そこで、経費削減の一環として人件費を削ろうと考えていますので、賃金規程の変更を行う予定です。会社側の都合で賃金規程の変更を行うことは可能でしょうか。

回答

 労働契約において、賃金・労働時間等は重要な労働条件(契約内容)であり、これを労働者の同意無く一方的に変更することは原則不可です。
 ただし、例外的に労働条件を不利益に変更することについて合理的な理由があるときは、就業規則の変更手続きを取ることで一方的な変更ができる場合があります。なお、賃金に関する事項は就業規則に必ず記載しなければならない事項ですので、本件では、就業規則の変更手続を検討することになります。
【ポイント】
 就業規則による労働条件の不利益変更については最高裁判所で何度も示されています。 

 最高裁判所で検討されている事項を整理すると、①変更の必要性②不利益の程度③変更内容の相当性④代償措置の有無⑤労働者(労働組合)との協議などを総合的に考慮して就業規則の変更の合理性の有無を判断していると言ってよいでしょう。
 本件では、賃金という労働者にとって最も重要な労働条件の変更を行う以上、単に経費削減の必要性と主張したところで、①の要件さえ充足しない可能性があります。何故、人件費を削減する必要があるのか、会社の業績及び経費関係の資料を示すことは最低限必要になるでしょう。また、②及び③についても賃金センサスや業種別賃金との比較検討等が必要でしょう。④については、例えば賃金減額の代わりに労働時間が削減される等の代償措置が講じられているかも1つのポイントになるでしょう。⑤については1回限りでは要件充足という訳にはいきませんので、複数回の協議は必要となります。 

※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造