無届けでサーバーを設置して逮捕されたと報道されていましたが、サーバーを設置しただけで犯罪になってしまうのでしょうか?

無届けでサーバーを設置しただけで犯罪になってしまうのでしょうか?  

質問

 無届けでサーバーを設置して逮捕されたと報道されていましたが、サーバーを設置しただけで犯罪になってしまうのでしょうか? 

回答

 おそらくは平成22年2月15日に報道された内容(中国人留学生が無届けでサーバーを設置したとして逮捕されたという報道)だと思われます。
 
 まず結論から申し上げますと、サーバーを設置しただけで当然に逮捕されるわけではありません
 
 では、今回、何故逮捕されてしまったのかと言いますと、「電気通信事業法」と呼ばれる法律に違反したからです。我々法律家でもあまり馴染みのない法律(?)かと思いますので、おそらく普段法律に関係しない方々にとっては初耳という方もいると思います。
 
 今回の件に当てはめれば、「電気通信事業」を行うのであれば、総務大臣に対して登録または届出が必要であるにもかかわらず、登録または届出を行っていなかったため逮捕されたということになりますが、そもそも「電気通信事業」とは何か?が疑問点になるかと思います。
 
 この点、電気通信事業法2条では、電気通信設備を用いて他人の通信を媒介し、その他電気通信設備を他人の通信の用に供することを電気通信役務と呼び、この電気通信役務を他人の需要に応ずるために提供する事業を「電気通信事業」と呼ぶと定めています。具体的には、電話会社とかプロバイダーが代表例なのですが、要は、他人間の通信のやり取りに関与する(媒介)を行うとなると、電気通信事業に該当する可能性が生じると考えれば良いかと思います。
 従って、例えば、企業内でのLANシステムを構築するためにサーバーを設置することは、「他人」ではなく「企業自身」のやり取りを行うに過ぎない以上、電気通信事業には該当しません。また、ホームページやネットショッピングのためのWEBサイトを開設することも該当しないと考えられます。
 
 一方、電子メールマガジンの媒介やコンテンツの紹介等を行うためのサーバーを設置し、提供された情報を全く加工・編集することなく利用者に伝送する場合であれば、「電気通信事業」に該当し、登録または届出が必要になります。この観点からすると、ポータルサイトやSNSサイトについては、利用者のみで情報がやり取りされるようであれば、電気通信事業に該当する可能性があるということになると考えられます(ケースバイケースの判断になるかと思いますが…)。
 
 なお、具体的な判断方法については、総務省が公表している
電気通信事業参入マニュアル[追補版]― 届出等の要否に関する考え方及び事例 ―
を参照しつつ、総務省へ問い合わせを行うのが一番安全かと思います。
 
 いずれにせよ、サーバー設置により、他人の情報を媒介する形式となった場合は、電気通信事業法を意識した方が良さそうです。 

※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造