顧問先インタビュー/株式会社HR Force

■HRFroceの事業概要を教えてください。

採用システムを提供している会社。元々は一部上場企業の船井総研。4000社近くのクライアントを抱えており、事業を開始して3年程度だが、再来年には40名程度の採用を予定している規模になっています。

■普段どういった相談をされているのか教えてください

気になることは全て相談しています
基本的には気になることは全て相談しています。外部との契約関係はほぼチェックしてもらっています。また、当社のビジネス上、求職者からエントリーを貰う、という形式なので、そこでの契約書チェックや、雇用関係の相談もしています。とにかく、色々なメンバーから色々な相談を湯原先生にはさせていただいています。

また、事業内容の切り替えに伴って、問題がでないか、等もご相談させてもらっています。たくさんのメンバーを採用しているので、従業員との関係が問題ないように調整もしてもらっていますね。

■相談をしてよかったと思うことがあれば教えてください。

答えがない事にも、実現可能性を探ってくれる
当社では、フレックスタイムや副業も積極的に取り入れています。ただ、そうした就業体系は判例もなく、明確な答えもないのですが、湯原先生はメリットデメリットを整理して、何が問題になるのか、どうしたら実現できるのか、を探ってくれます。

 

 

■湯原弁護士のすごいところを教えてください。

社員も驚く爆速レスポンス

社員全員が言うのが、「レスポンスが爆速」だということです。今まであった人の中で一番早いですね(笑)一次対応が早いのは当然なんですが、実際の回答をくれるまでの時間が非常に短いんです。例えば、数分間で何十枚もの契約書のチェックが終わっていることもありました。

■レスポンス以外で何かお気づきの点があれば教えてください。

深い業種知識と豊富な事例

当社は採用システムを取り扱っている会社のため、相談することの中には専門用語が多かったりするんです。しかり、湯原先生はIT、WEBに関する知識が豊富のため、説明する必要がなく、すぐに本題の相談をできます。また、他企業の事例なども豊富に持っているので、そこも非常に助かっています。難しい内容にも、「法律的にはこうです」という答えではなく、意思決定に必要な材料を全て用意してくれるため、判断がしやすくなる、というのが非常に助かっています。

■湯原弁護士の特徴について教えてください。

ビジネスを理解した法律の専門家

以前他の弁護士の先生に相談した際に、まずビジネスの仕組みを伝えるのに1時間程度かかることがありました。湯原先生はビジネスを理解しているため、インターネット広告に関する相談をした際に、説明が5分程度で終わり、すぐに本題の相談をすることができます。

■湯原弁護士に相談してよかったと思うことがあれば教えてください。

法務でビジネスを止めない

成長スピードが速いため、日々様々な問題が発生するし、プロダクトが変わるため、かなりの量のチェックが必要になるんです。恐らく、日本の法務部全体はかなり忙しく、一つの契約書の検討にもかなりの時間がかかっているはずです。そのため、法務で事業がストップしていることが多くあると聞いています。契約書は非常に長いし、チェックにかなりの時間がかかるのは当たり前で、結果的に肝心な部分が抑えられていなかった、ということも往々にして存在します。当社でも、湯原先生に以前の契約書を見てもらった際に、以前とは違った観点からアドバイスをいただいたこともありました。

■弁護士費用の負担感について教えてください。

抜群の費用対効果

湯原先生の顧問弁護士費用は、正直非常に安いです(笑)抜群の費用対効果。単に安い、という訳ではなく、さっきの通り、こっちが説明しないといけないことに、タイムチャージ形式のため、かなり時間と費用が発生するのですが、他の弁護士の1/3くらいの値段で済むこともあります。本来聞きたいことのみにチャージがかかっているため、聞きたいことのみに費用が発生するイメージですね。

■弁護士の利用の仕方についてアドバイスがあれば教えてください。

日々の相談も気軽に

法律相談をする側もあまり経験が無いため、スムーズに進まないこともありますが、湯原先生から確認をしてくれるので、方向性がずれることもなく、アウトプットがずれることも少ないんです。

■最後に一言お願いします。

経営者なら絶対に弁護士に依頼すべき

ビジネスをやってきた人であれば、トラブルになったことや、失敗は必ずあるはず。大なり小なりあれど、トラブルは会社の経営に関わる問題になることもあります。自分たちの判断だけでやるのはリスクが高すぎるため、顧問弁護士は絶対に必要だと思っています。湯原先生の料金表とサービス内容は非常にお得です。(笑)