試用期間の満了と共に従業員を辞めさせることができるのか?

試用期間の満了と共に従業員を辞めさせることができるのか?

質問

 試用期間を6ヶ月と定めて従業員を採用しましたが、作業ミスが多く能力面で不安があるので、正式採用せず、試用期間満了と同時に辞めてもらおうと思っています。問題ないでしょうか。

 

 

回答

 試用期間中といえども、労働契約は成立していますので、試用期間満了と同時に従業員を辞めさせるということは「解雇」に該当します。
 したがって、解雇に値するだけの客観的かつ合理的な解雇事由が必要となります。
 
 また、14日を越えて雇用されている場合には、即時解雇の場合は解雇予告手当の支給が必要となりますし、即時解雇しないのであれば30日前の解雇予告を行う必要があります。
 
 
【ポイント】
 試用期間は本来的には正式採用決定前の期間であり、当該期間中に労働者の勤務態度、能力、技能などを検証し、正式採用の判断を行うために設けられます。
 
 したがって、貴社の従業員として不的確であれば正式採用しないという判断を行っても良いはずなのですが、残念ながら法律的には「解雇」と評価される以上、客観的かつ合理的な解雇事由が求められます
 
 特に、本件のような場合であれば、作業ミスの程度・回数及び作業ミスを少なくするための指導措置など貴社の対応も考慮されますので、単に作業ミスが多いという理由だけでは正式採用を拒絶するのは難しいと言わざるを得ないでしょう。
 なお、試用期間中の本来の目的を重視して、一般的な解雇よりも広く認められても良いとする裁判例もあります。
 

 しかしながら、何を持って「広く」と解釈して良いかは非常に微妙な判断を伴いますので、弁護士等の専門家に相談した方がよいでしょう。

 また、そもそも「客観的かつ合理的な解雇事由」とは何かという問題はきわめて専門的な判断が必要となりますので、紛争を防止したいのであれば、専門家に相談し対応を検討した方が無難でしょう。

※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

ご相談メニュー

当事務所で対応させていただける、リーガルサービスメニューの一部をご紹介させていただきます。どんなに些細なご相談でも、お気軽にご相談ください。
  • 法務戦略の立案法務コンサルティング
  • 契約書・利用規約等書面の作成・チェック
  • フランチャイズ契約
  • 債権回収の手続き、訴訟
  • WEBサイト・広告に対するリーガルチェック
  • 労働審判の手続き代理
  • 労働組合との団体交渉
  • 残業代・不当解雇等の従業員トラブル
  • システム開発・契約に関するトラブル

業種別の法務サービスメニュー

当事務所が契約をさせていただいている顧問先の業種は多岐に渡っており、日々様々な業種の法務問題に取り組んでおります。こちらに記載のない業種のご相談についても積極的にお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
  • IT企業(インターネット通販)
  • IT企業(WEB制作、システム・プログラム開発)
  • 医療・介護事業
  • 飲食
  • サービス
  • 製造