契約書と覚書の違いとは?

契約書と覚書の違いについて

1.契約書のタイトル(表題)によって法的効力は異なる?

 

よくお問い合わせを受ける内容です。

 

結論から申し上げると、××契約書、覚書、誓約書、確認書、合意書…等々いろいろな表現がありますが、タイトル(表題)によって優劣はありませんし、法的効力は全く同じです。

 

ちなみに、ものすごく極端な例をあげますが、契約書のタイトルを「賃貸借契約書」としても、中身(条項)が売買契約の内容になっていた場合、法的には売買契約が成立することとなります。決して、タイトルだけから賃貸借契約と評価され、あるいは売買契約の成立が否定されるということにはなりません。

 

2.タイトル(表題)は法律とは別の事情が働いている?

 

法的効力に相違がないとして、××契約書、覚書、誓約書、確認書、合意書…等々はどういやって使い分ければよいのか、こういった問い合わせも受けたりします。

 

これも結論から申し上げると、法律上は使い分けを意識する必要がないということになります。

では、どうして世間ではいろいろなタイトル(表題)がでてくるのでしょうか。

 

これは私自身も正直よくわかりません。

 

あくまでも私の感覚だけで申し上げるとすれば、双方当事者が互いの権利義務を約定した、双方当事者が署名押印する文書については、「契約書」、「覚書」または「合意書」といったタイトル(表題)がつけられる傾向があるように思います。

 

次に、一方当事者の他方当事者に対する約定や確認を表明する文書についてはは、「念書」、「差入書」または「同意書」といったタイトル(表題)が付されるようです。

 

なお、後者の場合は、一方のみが義務を負担するという形になりますので、事実上の力関係とでもいえばよいでしょうか、「念書」、「差入書」または「同意書」といったタイトル(表題)の文書に署名押印する側が、相対的に弱い立場にあるのかな…という気はします。

 

3.まとめ

 

以上の通り、「契約書」と「覚書」とでは、法的な効力に違いは生じません。中身(条項)が大事であると考えていただければと思います。

 

契約書に関する記事一覧

売上金を回収するための契約書チェックポイント①(所有権留保、期限の利益喪失、契約解除)

売上金を回収するための契約書のチェックポイント②(相殺予約、債権譲渡禁止、担保提供義務)

売上金を回収するための契約書のチェックポイント③(損害賠償額の予定・違約金条項、連帯保証人条項、合意管轄条項、署名押印欄)

【事例1】フランチャイズ(契約書作成やトラブルなど)に関する解決事例・実績

【事例2】フランチャイズ(契約書作成やトラブルなど)に関する解決事例・実績

【事例3】フランチャイズ(契約書作成やトラブルなど)に関する解決事例・実績【事例3 フランチャイズチェーン脱退後の競業】

【事例4】フランチャイズ(契約書作成やトラブルなど)に関する解決事例・実績【事例4 問題加盟店への制裁・フランチャイズ契約の解除】

【事例5】フランチャイズ(契約書作成やトラブルなど)に関する解決事例・実績

【事例6】地区(エリア)本部契約書の作成