顧問 弁護士 大阪|中小企業に法の恩恵を大阪の弁護士による企業のための法律相談

法律相談の予約(夜間土日祝日対応)06-4708-7988
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 解決事例・実績
  • 顧問弁護士のメリット
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • アクセス

無料相談はこちら

公益通報を「行政機関以外の外部者」に対してすることができる場合とは?

【質問】

 公益通報を「行政機関以外の外部者」に対してすることができるのは、どの様な場合でしょうか。
 
 

【回答】

 通報対象事実が生じ、又はまさに生じようとしていると、①「信ずるに足りる相当の理由」があり、かつ②「公益通報をすれば解雇その他不利益な取扱いを受けると信ずるに足りる相当の理由…など法律に規定する事由がある場合」です。
 
① 「信ずるに足りる相当の理由」とは、例えば、単なる噂等ではなく、通報内容を裏付ける内部資料等の証拠を有する場合を言います。

 
② 「公益通報をすれば解雇その他不利益な取扱いを受けると信ずるに足りる相当の理由…など法律に規定する事由がある場合」ですが、次のように規定されています(第3条3号)。

 

・公益通報をすれば解雇その他不利益な取扱いを受けると信ずるに足りる相当な理由(例:過去に公益通報を行った者が左遷された事例がある)
 
・事業者内部に公益通報をすれば証拠隠滅、偽造、変造されるおそれがあると信ずるに足りる相当な理由がある場合
 
・事業者内部又は行政機関に公益通報をしないことを正当な理由が無く要求された場合(ちなみに、「正当な理由」の例としては、通報対象事実について既に改善措置が実施されているため、外部への通報は不要である旨告げられた場合などが考えられます)
 
・書面により事業者内部に公益通報をして20日経過したが調査を行う旨の通知がない場合、あるいは正当な理由無く調査が開始されない場合(ちなみに、20日以内に調査を行う旨の通知を行えば足り、20日以内に調査を行わなければならないという趣旨ではありません)
 
・個人の生命・身体への危害が発生し又は発生する急迫した危険があると信ずるに足りる相当な理由がある場合(ちなみに、財産の被害については規定されていないことに注意が必要です)
 



※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

 

法律相談のご予約はこちら まずはお気軽にご相談ください 06-4708-7988

メルマガ登録

当事務所では、中小企業経営者向けのお役立ち情報を、無料メルマガとして配信しております。

下記よりご登録をお願い致します。

お気に入りに追加する
弁護士紹介
弁護士費用
セミナー・講演実績

Contentsmenu

リーガルブレスD法律事務所
メールでのお問合せ
Access map

0_banar.jpg

IT法務
労務問題
フランチャイズの法律トラブル
債権回収