顧問 弁護士 大阪|中小企業に法の恩恵を大阪の弁護士による企業のための法律相談

法律相談の予約(夜間土日祝日対応)06-4708-7988
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 解決事例・実績
  • 顧問弁護士のメリット
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • アクセス

無料相談はこちら

「症状固定」とはどういう意味か?

【質問】

保険会社から「治療の打ち切り」「症状固定」だと言われていますが、どういう意味ですか。

 

【回答】

 まず、「治療の打ち切り」「症状固定」は人身損害にのみ該当する言葉と理解してください。
 それを前提にですが、「症状固定」とは、これ以上治療を継続しても治療効果が認められない状態を言います。その結果、交通事故損害賠償としての治療費の支払いは症状固定後は認められないこととなります。
 
 このような状態を指して「治療の打ち切り」と言われたりもします(なお、誤解の無いよう申し上げますと、自己負担による治療はもちろん可能です)。
 そして、症状固定後は専ら後遺障害に基づく損害賠償として考えることとなります(後遺障害として認められるか否かは、一般的には「自算会」と呼ばれる損害保険料算出機構を通じて決まることが多いようです)。
 
 なお、「症状固定」とは極めて法律的概念であり、しばしば医学的な症状固定と法律上の症状固定とが異なる場合がありますので、注意が必要です。

 



 

※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

 

法律相談のご予約はこちら まずはお気軽にご相談ください 06-4708-7988

メルマガ登録

当事務所では、中小企業経営者向けのお役立ち情報を、無料メルマガとして配信しております。

下記よりご登録をお願い致します。

お気に入りに追加する
弁護士紹介
弁護士費用
セミナー・講演実績

Contentsmenu

リーガルブレスD法律事務所
メールでのお問合せ
Access map

0_banar.jpg

IT法務
労務問題
フランチャイズの法律トラブル
債権回収