顧問 弁護士 大阪|中小企業に法の恩恵を大阪の弁護士による企業のための法律相談

法律相談の予約(夜間土日祝日対応)06-4708-7988
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 解決事例・実績
  • 顧問弁護士のメリット
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • アクセス

無料相談はこちら

販売代金の決済方法について

1.「代金前払い」とする場合

 ネットショップ経営者側からすれば、顧客から確実に代金支払ってもらいたいので、「入金確認後、商品を発送します」としたいものです。

 この様な表記方法については、特定商取引法に基づく販売条件の表示方法として不適切である点は従前述べた通りですが、商品・役務(サービス)を顧客に引き渡す前に代金の一部でも受領する場合には、「前払式通信販売」に該当し、法律上の規制を受けることになります。なお、ここで言う法律は、またまた特定商取引法です。特定商取引法は、販売プロセスの様々な場面で顔を出す法律ですので、横断的な理解が必要となりますね。

 さて、「前払式通信販売」に該当する場合、ネットショップ経営者側は何をするよう求められているかという点ですが、顧客からの商品等の販売申込みを承諾するか否か、事業者の氏名・名称・住所・連絡先、受領した金銭の額、金銭受領日、申込みを受けた商品名・数量等、商品等の引渡時期を通知する必要があります。そして、ネットショップの場合、顧客から予め承諾を得ることで、電子メールやWebサイトからダウンロードさせる方法で通知すれば足りるとされています。

 要は、「前払式通信販売」の場合には、先にお金を支払った顧客にとってはいつの時点で商品等が送られてくるのか心配なので、一定事項を通知する必要があるということです。


 

2.割賦販売(分割弁済)の場合

(1)指定商品制・指定役務制が廃止に

 平成21年12月1日より施行される割賦販売法では、特定商取引法と同じく、指定制度が廃止されます(但し、指定権利制は残ります)。

 もちろん、割賦販売法の規制対象とならない商品・役務もありますが、例外中の例外ですので、ネット通販業者は取り扱っている商品・サービスについては対象になると考えた方が無難でしょう。

 

(2)ネット通販業者と顧客との間で分割払いとした場合

 ネットショップ経営者が顧客に対して商品等を販売する際に、
『2ヶ月以上の1回払いまたは2回払いの分割とする代金支払いを条件』
として販売する場合、割賦販売法の規制対象となります(但し、平成21年12月1日より)。

 裏を返せば、マンスリークリアーと呼ばれる、当月締め翌月末払いについては割賦販売法の規制対象外になりますが、今般の改正により、割賦販売法の適用対象が拡大しましたので注意が必要です。
 

(3)クレジットカード決済を用いる場合

 平成21年12月1日より施行される改正割賦販売法の目玉は、売買契約についてクーリングオフが適用されることです。
 しかし、このクーリングオフが適用される代金決済方法は、「個別信用購入あっせん」とされています。

 では、この「個別信用購入あっせん」とは何か?が問題となるのですが、要は、商品等を顧客が購入する際に、個別に提携のクレジットカード会社と契約をさせて代金決済方法とする場合です。つい最近問題となったリフォーム詐欺の事例において、高齢者が業者と契約を締結する度にクレジットカード会社と個別に契約を結ばされていた事例などをイメージすれば分かりやすいかと思います。

 ちなみに、ネット通販事業者の場合、あまり「個別信用購入あっせん」という決済方法を用いないと思われます。一般的に用いられているのは「包括信用購入あっせん」という決済方法ですので、クーリングオフとは無関係と考えて問題ないかと思います。

 なお、包括信用購入あっせんの場合、各カード会社と加盟店契約を締結することになりますが、加盟店契約の内容として、任意にクーリングオフ類似の制度を設けるよう要求しているカード会社も存在します。この場合、加盟店契約に従った対応が必要となるので注意が必要です。クレジットカード決済を利用する場合は、カード会社との加盟店契約の内容を確認すると共に、カード会社とよく相談することが必要です。

 

(4)クレジットカード決済と安全管理義務

 クレジットカードを用いて代金決済する場合、ネット通販事業者は販売データ(売掛データ)として、顧客のカード番号と有効期限に関する情報を保有することになります。

 これらの情報について、厳密には個人情報保護法の「個人情報」に該当するか疑義がありました。このため、万一、情報漏洩があった場合には、取り締まりの根拠となる法律がないため問題がある状況となっていました。

 そこで、平成21年12月1日施行の割賦販売法では、新たにクレジットカード番号等保有事業者という概念を創設し、ネット通販事業者は、クレジットカード番号等保有事業者として、情報の安全管理義務が課せられることになりました。
 従って、ネット通販事業者は、ますます適切な情報管理体制を構築する必要があります。




※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

IT企業向けの他の解決事例はこちら

◆インターネット取引 ◆インターネット上の情報管理      ◆インターネット通販     
◆ITを使った新規商法と広告表示 ◆IT法の改正情報

 

法律相談のご予約はこちら まずはお気軽にご相談ください 06-4708-7988

メルマガ登録

当事務所では、中小企業経営者向けのお役立ち情報を、無料メルマガとして配信しております。

下記よりご登録をお願い致します。

お気に入りに追加する
弁護士紹介
弁護士費用
セミナー・講演実績

Contentsmenu

リーガルブレスD法律事務所
メールでのお問合せ
Access map

0_banar.jpg

IT法務
労務問題
フランチャイズの法律トラブル
債権回収