顧問 弁護士 大阪|中小企業に法の恩恵を大阪の弁護士による企業のための法律相談

法律相談の予約(夜間土日祝日対応)06-4708-7988
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 解決事例・実績
  • 顧問弁護士のメリット
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • アクセス

無料相談はこちら

ネットショップ経営者が知っておきたい法律知識<総論>

 インターネットを用いて商取引を行うことが当たり前のような状況になってきましたが、この分野に関する法律上の規制はあるのか無いのか、なかなか分からない状態となっています。
そこで、普段の業務で接してきたことを私なりにまとめてみたいと思います。



ビジネスモデル立案の場面

・各種業法、許認可取得の有無等について注意。

 

販促活動の場面

・景品表示法に基づく広告規制 

・特定商取引法に基づく誇大広告の禁止に関する規制 

・特定電子メール適正化法及び特定商取引法に基づく電子メール広告規制(平成20年12月1日に改正法が施行) 

 

契約交渉の場面

・特定商取引法に基づく販売者が表示すべき内容
    (関連:平成21年12月1日施行の返品特約の表示方法)
・消費者契約法に基づく「利用規約」「利用約款」等の内容の適合性

 

契約締結の場面

・特定商取引法に基づく「顧客の意思に反して申込みをさせようとする行為の制限」 

・電子消費者契約法に基づく操作ミスへの対応及び契約の成立時期への留意 

・決済の場面 ・特定商取引法に基づく「代金前払式通信販売における承諾の通知義務」

・割賦販売法に基づく制限(平成21年12月1日に改正法が施行)


 

トラブルの場面

・民法、商法など




※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

IT企業向けの他の解決事例はこちら

◆インターネット取引 ◆インターネット上の情報管理      ◆インターネット通販     
◆ITを使った新規商法と広告表示 ◆IT法の改正情報

 

法律相談のご予約はこちら まずはお気軽にご相談ください 06-4708-7988

メルマガ登録

当事務所では、中小企業経営者向けのお役立ち情報を、無料メルマガとして配信しております。

下記よりご登録をお願い致します。

お気に入りに追加する
弁護士紹介
弁護士費用
セミナー・講演実績

Contentsmenu

リーガルブレスD法律事務所
メールでのお問合せ
Access map

0_banar.jpg

IT法務
労務問題
フランチャイズの法律トラブル
債権回収