フランチャイズ・システムとは何か? ボランタリーチェーン、レギュラーチェーン、代理店(特約店)、マルチ商法と何が違うのか。

フランチャイズ・システムとは何か? ボランタリーチェーン、レギュラーチェーン、代理店(特約店)、マルチ商法と何が違うのか。

<質問>

 フランチャイズ・システムは何ですか?
 また、ボランタリーチェーン、レギュラーチェーン、代理店(特約店)、マルチ商法と何が違うのでしょうか?



回答

1.フランチャイズ・システムに関して明確な定義はありませんが、例えば公正取引委員会は、次のように定義しています。

『本部が加盟者に対して、特定の商標、商号等を使用する権利を与えるとともに、加盟者の物品販売、サービス提供その他の事業・経営について、統一的な方法で統制、指導、援助を行い、これらの対価として加盟者が本部に金銭を支払う事業形態』

 ポイントとしては、次の3つになるかと思います。

それぞれ独立した事業者が契約関係に立つこと
 本部も加盟者も独立した事業者となりますので、あくまでも事業者間取引です。従って、消費者契約法の適用はありません。

② 本部は加盟者に対して、「フランチャイズパッケージ」を提供すること
 本部は、営業の象徴となる標識(商標やサービスマークのこと)、事業に必要な知識・技術・ノウハウ等の事業・経営に関する一切の情報を提供し、また開業後も継続的な指導・援助を行うことが一般的です。この様な本部が加盟者に対して提供するものを「フランチャイズパッケージ」と呼ぶことがあります。

③ 加盟者は本文に対し、「フランチャイズパッケージ」に対する対価を支払うこと 
 本部が開発した「フランチャイズパッケージ」に対して、加盟者は加盟金・ロイヤルティ等の一定の金銭を支払うことになります。


2.各制度の相違点について
(1)ボランタリーチェーン
  定まった定義はありませんが、複数の経営主体がまとめて商品を仕入れることで、単独では取引が難しい取引先と取引を開始したり、価格交渉力を付けるために結成される共同組織体をイメージすればよいかと思います。
  フランチャイズ・システムとの決定的な相違は、ボランタリーチェーンの構成員は、あくまでも各人の商号・屋号で経営し、各人のノウハウで店舗運営している点です。フランチャイズ・システムは同一の屋号・店名、共通化したノウハウで店舗運営しますので、この点で区別されます。

(2)レギュラーチェーン
  一般的には直営店舗によるチェーン展開のことをいいます。直営店舗である以上、本部と各店舗は同一資本となります。
  フランチャイズ・システムの場合、本部と加盟店は独立の事業者である以上、資本を異にしますので、この点で区別されます。

(3)代理店(特約店)
  これについても定まった定義があるわけではありませんが、よく言われるのは、メーカーが供給する商品を販売店である代理店・特約店がその裁量で販売する形式のことを指すようです。
  フランチャイズ・システムの場合、店舗運営方法について経営指導がありますが、代理店・特約店の場合、店舗運営方法に関する経営指導が無いのが一般的です。この点で区別されます。

(4)マルチ商法
  法律上の定義としては、特定商取引に関する法律が「連鎖販売取引」として定義付けを行っていますが、いわゆる、商品やサービスを販売すると同時に、販売組織の構成員が新たな構成員を勧誘して入会させる、という事を繰り返すことで販売網を拡大するシステムのことをイメージすればよいかと思います。
  フランチャイズ・システムの場合、構成員である加盟店が新たに構成員を勧誘し、加盟店と新たな構成員との間で契約を締結するわけではありませんので、この点が決定的に異なることになります。
  なお、法律用語のややこしさとも言うべきでしょうか、一部のフランチャイズ・システムについては、中小小売商業振興法が「特定連鎖化事業」と定義づけています。どちらの「連鎖」という用語が用いられるため、誤ったイメージを与えかねないのですが、マルチ商法とフランチャイズ・システムは全く別制度です。

※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。