顧問 弁護士 大阪|中小企業に法の恩恵を大阪の弁護士による企業のための法律相談

法律相談の予約(夜間土日祝日対応)06-4708-7988
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 解決事例・実績
  • 顧問弁護士のメリット
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • アクセス

無料相談はこちら

  • HOME
  • 解雇
  • 試用期間の満了と共に従業員を辞めさせることができるのか?

試用期間の満了と共に従業員を辞めさせることができるのか?

質問

 試用期間を6ヶ月と定めて従業員を採用しましたが、作業ミスが多く能力面で不安があるので、正式採用せず、試用期間満了と同時に辞めてもらおうと思っています。問題ないでしょうか。

 

 

回答

 試用期間中といえども、労働契約は成立していますので、試用期間満了と同時に従業員を辞めさせるということは「解雇」に該当します。
 したがって、解雇に値するだけの客観的かつ合理的な解雇事由が必要となります。
 
 また、14日を越えて雇用されている場合には、即時解雇の場合は解雇予告手当の支給が必要となりますし、即時解雇しないのであれば30日前の解雇予告を行う必要があります。
 
 
【ポイント】
 試用期間は本来的には正式採用決定前の期間であり、当該期間中に労働者の勤務態度、能力、技能などを検証し、正式採用の判断を行うために設けられます。
 
 したがって、貴社の従業員として不的確であれば正式採用しないという判断を行っても良いはずなのですが、残念ながら法律的には「解雇」と評価される以上、客観的かつ合理的な解雇事由が求められます
 
 特に、本件のような場合であれば、作業ミスの程度・回数及び作業ミスを少なくするための指導措置など貴社の対応も考慮されますので、単に作業ミスが多いという理由だけでは正式採用を拒絶するのは難しいと言わざるを得ないでしょう。
 なお、試用期間中の本来の目的を重視して、一般的な解雇よりも広く認められても良いとする裁判例もあります。
 

 しかしながら、何を持って「広く」と解釈して良いかは非常に微妙な判断を伴いますので、弁護士等の専門家に相談した方がよいでしょう。

 また、そもそも「客観的かつ合理的な解雇事由」とは何かという問題はきわめて専門的な判断が必要となりますので、紛争を防止したいのであれば、専門家に相談し対応を検討した方が無難でしょう。




※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

労働問題の他の記事はこちら

◆賃金・給料 ◆解雇 ◆ハラスメント(セクハラ・パワハラなど)
◆従業員への調査            ◆現場の労働トラブル       ◆労働法の改正情報
◆団体交渉・労働組合対策    

 

法律相談のご予約はこちら まずはお気軽にご相談ください 06-4708-7988

メルマガ登録

当事務所では、中小企業経営者向けのお役立ち情報を、無料メルマガとして配信しております。

下記よりご登録をお願い致します。

お気に入りに追加する
弁護士紹介
弁護士費用
セミナー・講演実績

Contentsmenu

リーガルブレスD法律事務所
メールでのお問合せ
Access map

0_banar.jpg

IT法務
労務問題
フランチャイズの法律トラブル
債権回収