顧問 弁護士 大阪|中小企業に法の恩恵を大阪の弁護士による企業のための法律相談

法律相談の予約(夜間土日祝日対応)06-4708-7988
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 解決事例・実績
  • 顧問弁護士のメリット
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • アクセス

無料相談はこちら

  • HOME
  • 解雇
  • 採用内定の取消しに制限はあるのか?

採用内定の取消しに制限はあるのか?

質問

 今後の需要拡大を見込んで新たな従業員を確保するべく採用内定通知を出しましたが、急激な環境の変化で、従業員を確保する必要がなくなりました。
 採用内定を取り消したいのですが可能でしょうか。
 なお、内定者からは既に入社誓約書も徴収しています。
 

 

回答

 採用内定通知を出し、入社誓約書も徴収しているのであれば、貴社と労働者との間には労働契約が成立したと法的には評価されます
 
 したがって、貴社の都合のみで自由に採用内定の取り消しを行うことができず、むしろ解雇に準じて検討する必要があります。
 
 
【ポイント】
 採用内定によって労働契約が成立したと言えるか否かは、個別具体的な事情によって判断されます。
 
 ただ、裁判例の傾向としては、採用内定決定を出しているのであれば、特段の事情がない限り、始期付解約権留保付労働契約(=「始期付」とは、就業開始時期が将来の一定日に定まっていることです。また、「解約権留保付」とは、採用内定から就業開始日までは、入社誓約書等に予め明示された採用取消事由が生じた場合に、労働契約が解約されることが条件となっていることを意味します。)が成立したと認定することが多いのが実情です。
 
 特に、本件のように入社誓約書まで徴収しているのであれば、ほぼ間違いなく始期付解約権留保付労働契約が成立したと認定されるでしょう。

 

 そして、始期付解約権留保付労働契約といっても、労働契約であることには変わりありませんので、雇い主側の事情で労働契約を終了させること、すなわち(普通)解雇の手続きを踏むのであれば、解雇権の濫用に該当しないよう、客観的かつ合理的な解雇理由が必要となります。




※上記記載事項はあくまでも当職の個人的見解に過ぎず、内容の保証までは致しかねますのでご注意下さい。

労働問題の他の記事はこちら

◆賃金・給料 ◆解雇 ◆ハラスメント(セクハラ・パワハラなど)
◆従業員への調査            ◆現場の労働トラブル       ◆労働法の改正情報
◆団体交渉・労働組合対策    

 

法律相談のご予約はこちら まずはお気軽にご相談ください 06-4708-7988

メルマガ登録

当事務所では、中小企業経営者向けのお役立ち情報を、無料メルマガとして配信しております。

下記よりご登録をお願い致します。

お気に入りに追加する
弁護士紹介
弁護士費用
セミナー・講演実績

Contentsmenu

リーガルブレスD法律事務所
メールでのお問合せ
Access map

0_banar.jpg

IT法務
労務問題
フランチャイズの法律トラブル
債権回収