顧問 弁護士 大阪|中小企業に法の恩恵を大阪の弁護士による企業のための法律相談

法律相談の予約(夜間土日祝日対応)06-4708-7988
  • HOME
  • 事務所紹介
  • 解決事例・実績
  • 顧問弁護士のメリット
  • お客様の声
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • アクセス

無料相談はこちら

【事例4】労働問題(残業代、不当解雇、団体交渉など)の解決事例・実績

【事例4  うつ病と休職】

【お悩み事項】

 突然、心療内科の診断書(うつ病)を提出し、休職を開始した従業員が発生した。


 

 

【こうやって解決しました!】

 まずは就業規則上の休職制度の適用を認めるかの検討を行い、とりあえず休職制度の適用を行うことにしました。


 そこで、休職している従業員に対しては、一定期間ごとの療養状況の報告を求めると共に、念のため会社に対しては、過重労働やパワハラ、いじめなど業務遂行中において、当該従業員に心理負荷がかかっていなかったかの調査を行ってもらいました。

 

 休職期間満了の1ヵ月前に復職の意思を尋ねたところ、復職するつもりはないとのことでしたので、結果的には休職期間満了に伴う退職扱いとなりましたが、いわゆるメンタルヘルスの問題に現行の就業規則及び社内規程が対応し切れていないと思われることから、就業規則の改定手続きをとってもらいました。

 

 

 

 

※上記はあくまでも一例です。案件ごとにより手順や結果が変わることもありますので、この点はご容赦願います。

 

法律相談のご予約はこちら まずはお気軽にご相談ください 06-4708-7988

メルマガ登録

当事務所では、中小企業経営者向けのお役立ち情報を、無料メルマガとして配信しております。

下記よりご登録をお願い致します。

お気に入りに追加する
弁護士紹介
弁護士費用
セミナー・講演実績

Contentsmenu

リーガルブレスD法律事務所
メールでのお問合せ
Access map

0_banar.jpg

IT法務
労務問題
フランチャイズの法律トラブル
債権回収